風邪と暮らし

身辺の中で気をつけていらっしゃることは何ですか。
毎日を面白く過ごすことでしょうか。
それとも、健康に留意することでしょうか。
風邪をひいたときの治し方のヒントは身辺にあります。
風邪をひかないような身辺を送っていれば、治し方を分かる必要もないからです。
やはり、完全に風邪を寄せ付けない体を定めることは現実的ではありませんから、健康的な生活を送って掛かる人も風邪の治し方を知っておいてください。
一つは風邪薬を服用しないことです。
健康的な人は風邪をひきづらいのですが、その理由は耐性が良いからです。
風邪菌が体に入っても消毒できるのです。
ところで健康的な身辺はどういうことでしょう。
食事や運動、睡眠に気をつけることです。
どういう食事がいいかは自分で考えた方がいいですが、バランスよく取ることを基本として下さい。
それから運動も大切です。
年齢に合わせた運動でオーケーが、毎週定期的な運動を心がけて下さい。
筋力を塗りつける必要はなく有酸素運動を通して下さい。
睡眠はどうでしょう。
ぐっすり寝入るためには適度な疲れが大事です。
アルコールの力を借りた睡眠では健康にはなれません。
毎朝、気持ちよく起きられるかどうかがポイントでしょう。
身辺も何かと考えなければならないことがあります。
すべてのことはできないとしても、とれることから始めてください。
それが風邪の予防だけではなく長生きをすることにつながるかもしれません。

ここ数年、女性の間で人気なのがグリーンスムージーですよね。
なんかおしゃれな健康飲料というイメージがあります。
一方、青汁はだいぶ前から日本人に飲まれているものですが、おしゃれというよりは、できるだけ健康に良い、という感じですよね。
ですが、とも緑だし、健康に良さそうだし、どうして違うのでしょうか。

本当に、1つ目の違いですが、グリーンスムージーが、アメリカ発祥のものです一方、青汁は日本が発祥だという点だ。
アメリカの主婦が家族の健康のために、葉野菜、果物、水をミキサーにかけて作ったのが始まりだ。
青汁はキャベツの仲間のケールや青麦若葉やクマザサ等で作られたもので、果物は入っていません。

次に、味も違う。
グリーンスムージーは果物が入っているので、呑み易くなっています。
甘味も付きますから、おやつの代わりにもなるかもしれません。
でも青汁は果物が入っていないので甘味はありません。
しかもケールが成分です場合は、しばらく苦味があります。
でもこの頃は青麦若葉やクマザサなどを使用して、いとも呑み易い味になっています。

グリーンスムージーの方は大体、手作りすることが多いと思います。
ホウレンソウや小松菜、それにバナナやリンゴなどを水と共にミキサーにかけて作ります。
常温が良いので、出来たら氷は入れない方がいいのですが、氷を入れたりする事もあります。
青汁の方は手作りする方は少ないと思います。
一般的には、市販されている粉状のものを水等で溶かして呑む事になります。

とも食物繊維が入っているので便通が良くなります。
ただ、青汁の原料ですケールや大麦若葉等は、スムージーに取り扱うホウレンソウ等よりは栄養価がはなはだ高いです。
ですので、青汁は老若男女で飲める健康志向型の飲み物という感じですね。参照サイト